1. >
  2. 超乾燥肌!気をつけていること

ABOUT

超乾燥肌!気をつけていること

クレンジングと洗顔は必ず毎日し毛穴に汚れが残らず寝るようにしています。乾燥肌なのでお風呂から上がったらすぐに保湿をするようにしています。化粧水や乳液や美容液もなるべく保湿効果の高いものを選び、必ず手でお肌に浸透させています。乾燥していますとパックシートをしがちですが、余計乾燥してしまうので冬場は使わないように気をつけています。そして、朝起きたら必ず前夜に塗ったスキンケアは水で洗い流します。お湯で洗い流しますと乾燥してしまうので注意しています。

洗顔後のスキンケアは大切??

スキンケアは朝も大事ですがやっぱり夜にやるの大事です。夜まず洗顔をする時もちゃんと泡をいっぱいにして優しく洗顔します。お風呂上がってまず、化粧水の前に霧状の水を顔にかけてコットンで軽く押さえます。そのあとに化粧水をコットンにたっぷりしてつけます。そのあと時間があればそれを気になるところに貼り付けます。あとはパックも時間がある時や次の日に大切な予定がある時にします。そして乳液です。

結構一時的に化粧水がめんどくさくて、乳液だけにしたらやはり肌が荒れちゃったので、またやる様になったら治りました。

邪道!乾燥肌に勝つ保湿クリームと化粧水の活用法

かなりの乾燥肌で、使用する基礎化粧品はすべて「しっとりタイプ」「保湿」「乾燥肌用」などとうたわれるものばかりです。

それでもどうしても乾燥してしまうとき、使い方としてはかなり間違っていますが、保湿クリーム→化粧水→保湿クリームという順でつけることがあります。

これは昔中学生のころ、「キレイカフェ」と呼ばれる美容系裏ワザサイトで目にした方法で、同じく中高生くらいの子が提案していた方法でした。

おそらく肌への美容成分の浸透率などはすべて度外視し、ひたすら肌をべっとりパッキングすることで乾燥を防ぐようなやり方です。

最初に塗った保湿クリームが化粧水で中和され、より肌に馴染むような感じがあります。

肌への美容効果という意味でいうと意味はないのでしょうし、それなら手のひらでクリームと化粧水を混ぜるだけでよさそうなものですが、なんとなくずっとこのやり方で続けています。

これを念入りにやると乾燥が治まるので最終奥義的な意味で使っています。